歯科で働く人の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

歯科医院で働く人の業務

歯科で働くひとには、医師の他に衛生士と看護士がいます。衛生士の仕事内容は、歯垢と歯石を取り除いたり虫歯予防のために「フッ素」という薬を塗布し、虫歯や歯周病を予防する処置をします。また医師の指示を受けながら診療の補助も行います。看護師は、衛生士にできない注射や外科手術を伴うオペ補助などを行います。それぞれに担う仕事が異なる点もありますが、子育てをしながらとなると衛生士の方が時間の融通が多少ききやすいようです。コストダウンに努めるクリニックなどでは、衛生士ではなく資格の要らない歯科助手を置くところも増えているようです。

看護士とは違う歯科衛生士

人間が食べ物を食べる際に必要なものとして「歯」があります。甘いものや細菌が原因で歯が痛む、虫歯等が起きた場合は、すぐに歯科に診てもらう事をお勧めいたします。なぜならば、虫歯をほおっておくと、歯の表面だけでなく、中まで侵されていき、神経が痛む事があるからです。歯医者さんの手伝いをする人達の中に歯科衛生士という人達がいらっしゃいます。彼らは、歯医者さんの医療行為の手伝いをする事を主な仕事としています。似ている人達の中に看護士という人達がいますが、彼らと違って、医師の指示によって注射をすることは許されていません。